カフェ

千葉・流山「蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)」でタイムスリップ気分♪ お祭り時は限定メニューも!

千葉県流山市の中心部にある蔵カフェ「蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)」に先日行ってきました。蔵の雰囲気を生かしたレトロ感満載でまるで明治時代にタイムスリップした気分でいられることができました。

蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)について

千葉県流山市の中心部「流山本町」にある土蔵を利用したカフェ「灯環」。この一帯は江戸時代から江戸川の水運や白みりんの生産が盛んで、その面影が今でも残り、明治時代に建築された建物や土蔵が立ち並びます。それらは国の指定登録有形文化財にもなっています。
「灯環」はカフェだけではなく、店主おすすめの天然素材のグッズが並ぶショップスペースや展示などのイベントにも利用できるギャラリーも設置されております。

暖簾付きのトイレ。
ショップスペース
名称 蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)
住所 千葉県流山市流山1-155 国指定登録有形文化財「笹屋土蔵」
交通手段 流鉄流山線「流山」下車徒歩5分
地図
定休日 火、水曜日 ※祝日の場合、翌平日に振替の場合あり
営業時間 10:30~17:30 ※イベント開催時、変更がある場合あり
電話 04-7158-0221
ウェブサイト http://kuratowa.com

店内の様子

カウンターもテーブルも懐かしい木のぬくもりを感じるリッチな雰囲気。


手作りのお人形が飾られててほっこりします。

メニューを注文してみました

この日は偶然にもお祭り開催のため、15時開店で通常とは違うメニュー表。アルコール類や糀メニューがありました。

通常はドリンクが特製のコーヒーや紅茶、ランチタイムに「農園野菜のごはんプレート」(要予約)、「キッシュブランチプレート」などがあり、なんといっても自家製スイーツが目玉で、特産の白みりんを使ったスイーツがおすすめです。特別メニューでもみりんスイーツはありましたので、注文してみました。ドリンクは当日限定のものを。

自家製シロップのソーダ割り(みりんレモネード)
りんごとチーズのみりんバターケーキ

いずれもみりんを使ったメニューということで、新鮮な気持ちでいただきました。とても美味しかったです。なお、食器は店主の方のコレクションで、笠間焼や益子焼をはじめとしたこだわりの器なのです。
基本ドリンクは500円(今回のものは600円)、スイーツは450〜580円、ランチは1200〜1500円(いずれもお祭り時はそれより高いメニュー有)なので、価格設定は東京のカフェと比べて平均的。東京郊外でも建物がリッチなので、妥当な価格かなと思います。

平日ではありませんが…ランチタイムに行ってきました

先日のGW期間中にランチしてきました。
この日は「農園野菜のごはんプレート」ではなく、「おまかせプレート」でした。
れんこんハンバーグ、ナスとパプリカを素揚げしたもの、サラダ、カレースープでした。美味しかったです♪

“今日のケーキ”の一つ、いちごのチーズケーキ。
コーヒーも焼き物の器で飲むと一段と美味しくいただけちゃいます。

レギュラーメニューのスイートポテト。みりん仕立ての一品です。アイスクリーム付き!
スイートポテトは食事とセットだと200円引きになります。

ランチタイムに来店の際は予約するとスムーズに入れるとのことです。レトロながらもオシャレなカフェですので、近くの方もそうじゃないカフェ好きの方もぜひ気にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまいちぃをフォローしよう!