お出かけスポット

【人気の桜スポット紹介 Vol.2】目黒川沿い 圧巻の3.8kmにわたる桜並木

すっかり東京の都内屈指の桜スポットになった目黒川沿い。筆者は一番最近では2016年に行きましたが、あの時は気温が低く、今にも雨が降りそうなスッキリしない空でした。しかし、桜は満開で圧巻の風景を目にしました。人気スポットになるはずだ、というほどの桜の量でした。

目黒川とは

世田谷区を起点に目黒区、品川区を通り東京湾に注ぐ河川。

名称 目黒川
住所 東京都目黒区大橋〜品川区西五反田
交通手段 JR「目黒」下車徒歩約10分、東急線「池尻大橋」下車、東急線・東京メトロ「中目黒駅」下車すぐ
地図
電話 03-5722-6850 ※平日9:30~17:15
ウェブサイト https://meguro-kanko.or.jp/

目黒川沿いでの桜の様子

桜並木は池尻大橋駅付近から目黒駅近くの亀の甲橋までの3.8kmに及びます。この時は亀の甲橋からスタートし、中目黒駅をちょっと過ぎた所まで撮影しましたが、スタートの時から圧巻の風景が目に映ります。およそ800本の桜が川を覆うかのように続きます。

ここまで来ると桜多すぎ!って思ってしまいます(笑)。

中目黒駅周辺は激混みで、屋台やお店も混雑していました。帰りの電車に乗るのも大変だった思い出があります。

「目黒川桜まつり」期間中はライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を体験できます。

さいごに

目黒川の桜は2度経験ありますが、いずれも土曜日だったので、人で混雑していました。外国人観光客もよく目にします。電車で行きやすいスポットですが、午後になると駅構内は混雑しますので、時間に余裕を持って行ってくださいね。
見頃は例年テレビのニュースで拝見すると、気象庁からの東京の桜開花宣言とほぼ同時期に開花するようです(ただ本数が多いので場所によっては開花してない木もあると思います)。今度は上流から体験してみたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまいちぃをフォローしよう!