お出かけスポット

東京屈指のお花見スポット・上野恩賜公園は毎年花見客で大混雑!

※2017年の過去記事をリライトした記事になります。
日本の代表とする花・桜。桜の開花予想が近づいてくると、いよいよ春満開だな、と感じずにはいられません。私も大好きで、桜の咲く頃での撮影は本当に気持ちも高揚してきます。東京を代表とするお花見スポットである「上野恩賜公園」。テレビのニュースによく中継で登場しますが、毎年平日休日構わず花見客でごった返す名物スポットです。そんな上野恩賜公園でのお花見の楽しみ方についてのエントリーです。

上野恩賜公園とは

上野恩賜公園は、通称上野公園とも呼び、公園内には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、上野動物園などの文化施設が集中しています。高台となっている忍ヶ岡は、古くからソメイヨシノの名所としても有名で、「日本さくら名所100選」に選ばれています。桜の開花時期になると、花見客が大量に押し寄せることでも有名。また、忍ヶ岡の南に位置する不忍池は、6月頃には一面の緑の葉と桃色のハスの花が美しいスポットです。

名称 上野恩賜公園
住所 東京都台東区上野公園5-20
交通手段 JR・東京メトロ「上野」下車徒歩2分
京成線「京成上野」下車徒歩1分
地図
営業時間 5:00〜23:00
入園料 無料
電話 03-3828-5644(管理所)
ウェブサイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index038.html

桜の総本数は約710本

上野恩賜公園にある桜は中心のソメイヨシノの他、カンヒザクラ、ヤマザクラなどもあり、濃淡のピンクの桜が楽しめます。ソメイヨシノがまだ開花前でも早咲きの桜がたくさんあります。濃い色の桜から枝垂れ桜まで。

公園入口にある枝垂れ桜がとても美しかったです。これはソメイヨシノが開花はしたものの、2分咲きだっ時期だったと思います。花びらの先が濃くてきれいな桜でしたよ。

ほぼ満開になったソメイヨシノはこのような状況


土曜日に行った時、やはり予想通り人混みがすごかった。まず、歩くのが大変。


でも、桜の総本数が都内屈指だけにお見事。これではお花見でどんちゃん騒ぎしたくなりますよね。ただただ広域なので、すべて歩き回るのは大変ですが。


当時は記録的大雪になった年。とにかく寒い冬でした。しかし3月は後半から春らしい気温になって開花から満開までスムーズだったのを感じました。

さいごに

例年東京は標本木がある靖国神社がトップ開花だと思うのですが、その後上野恩賜公園でも開花し、約1週間後には満開を迎えるといった流れです。まぁ平日でも休日でも多勢の花見客でごった返す風景は目に見えてきます。くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう(笑)!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまいちぃをフォローしよう!